不動産担保ローンのリスクとメリット

大きく借金ができる不動産担保ローン、返済ができなければ、不動産を失うリスクも

不動産担保ローンで、大きな買い物をする

不動産担保ローンのリスクとメリット

不動産担保ローンは文字通り、不動産を担保にしてお金を借りることです。

自宅や土地、駐車場など手持ちの不動産を担保にお金を借りる方法です。

担保を設定する借金ですから、担保にあてる不動産の価値に応じた額のお金を借りることができます。

不動産を持っていればなんでも借りられるというものではないので注意が必要です。

銀行や信販系金融機関、消費者金融などで、こういった商品を用意しています。

メリットは、金利が安いことと、借りられる金額が多くなるということです。

複数のローンがある人は、まとめローンにすることで、返済管理も楽になります。

一方デメリットは、やはり返却が滞ると、担保をとられてしまうということにつきます。

担保にした不動産に抵当権や根抵当権を設定登記されてしまうわけですから、返済ができなければ、ローンを借りた金融機関が、不動産売却をして、貸したお金の回収にあてるということになります。

また、不動産を売却したのに、担保価格が下がっていて、結局返済できずに担保割れになったら、不足分も当然負担しなければなりません。

自宅を担保に不動産担保ローンを借りた場合は、自宅を手放すリスクがあるということを理解する必要があります。

[参考にしたサイト]不動産担保ローンの今後⇒http://illusion-ism.net/

■ おすすめサイト ■
一般財団法人 大阪住宅センター

Copyright (C) www.roseblanchelighthouse.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンで、大きな買い物をする